信用調査の相談や依頼を考えている企業や個人の方必見!

行方調査

行方調査は、行方がわからなくなってしまった対象者の現在の所在地を見つけるもので、人探し調査となる。行方調査の対象はさまざまで、失踪した家族の行方調査、学生時代の友人の行方調査だったり恩師の行方調査、お金を貸して逃げた人の行方調査などがある。

調査内容

行方調査では、対象者が現在どこにいるのかという所在地の特定を行うのが第一の目的であり、無事に発見した後は現在の対象者の現在の状況を調査していく。

  • 学校や職場、友人など対象者の有力な情報がありそうな場所への接触
  • 自宅などに残された情報の収集
  • 特殊データ調査での情報収集
  • 集められたデータの分析
  • 対象者の位置周辺の地域の聞き込みなどの調査
  • 対象者の張り込み、尾行などで現在の状況を調査
  • 依頼者と対象者との面会の場への同伴
  • 公的機関への相談、または告訴する際の同席

失踪した相手を連れ戻すのが目的だと、対象者の居場所が特定しても、失踪した理由が解決しなければ調査は成功とならない。対象者と面会、話し合いをする場合なら、あらかじめ妥協案や譲歩した内容の話を用意しておくこと重要の業務となる。

また警察や各種公的機関への相談が必要になる場合では、その際の手続きの方法などの詳細をアドバイスをし、解決への流れが滞りなく進むようにする。

行方調査の方法

行方調査はそれぞれ依頼内容により全く異なってくるもの。行方調査の場合は画一的な調査の方法だと解決がとても困難で、依頼者の情報が少なかったり調査会社の調査能力が無ければ無駄に時間がかかったり、調査失敗となってしまうこともある。