信用調査の相談や依頼を考えている企業や個人の方必見!

キケンな調査会社

調査会社は日本全国にたくさん数が存在する。そんな中から信用調査という重要な依頼をする調査会社をどうやって選べばいいのだろうか?

調査会社は信用調査以外にもさまざまな調査業務を行っている。浮気調査や家出人調査、ストーカーなどの調査も行っているし詐欺などの調査も行ったりと、実に様々で、紹介した調査以外にもたくさんの業務がある。そのため、信用調査は本業ではなくおまけ程度のものだったりする可能性も考えられる。

それでは、そんな数ある調査会社の中から優秀な信用調査が行える調査会社を選ぶために、選ぶポイントとなるものをいくつか紹介していこう。

安すぎる料金設定

インターネットの広告やチラシなどの見出しに『1000円から!』、『1日1万円から可能』などと書かれているのをよく見かけないだろうか。

こういう他社よりも極端に低い料金に惹かれて契約してしまい、調査の終了後になって高額な別途料金や、契約のときに聞いていないような経費、または報告書の作成代金など…いろいろ名目を使ってお金を請求されてしまってトラブルになる。こういうケースは少なくない。

信用調査を依頼するというのはとても重要なことにも関わらず、料金が安いという理由だけで安易に調査会社を選んでしまうと必ず後悔する。安いということに騙されずに、調査の見積もりの内容にしっかり目を通して確認するように。

料金説明をごまかす

20万円程の信用調査なのに、別途必要料金や延長料金が必要になり請求が300万円に!?

調査会社とのトラブルの内容で一番多いのケースがこれだ。

契約金額にはその他の諸費用が含まれているのか、含まれていない場合は合計でいくら必要になるのか、延長があるのか、延長料金は?

などの料金に関することについて細かく説明を求めて、料金がいろいろと必要になる場合であれば契約書に明記しておく必要がある。

契約の後になって『調査報告書は有料』、『写真、ビデオは別料金』など、あまり聞かないような追加料金を請求されてトラブルに発展するといった報告がされている。

代表者の氏名や事務所所在地を公開していない

このような調査会社は、

事務所が存在しない
トラブル時に訪問させない
転送電話等で事務所があるように思わせる

などいろいろな理由が考えられる。どちらの場合にせよ、所在地や代表者の氏名を公開しない理由は依頼者、相談者側にとって何の有益なものでも無いということは確実。調査会社を選ぶときは、問い合わせの際に事務所所在地を聞いて、事務所で相談が可能かどうか尋ね、事務所へ訪問しても信用できる会社かどうかをしっかり見極めて確認した上で依頼をするように。

報告書などの結果を見せてくれない

報告書は信用調査などの調査に関する結果などが記載されているもので、調査会社にとっても目に見える商品である。

この報告書を見せてくれない調査会社は実際に調査を行っていない可能性がある。また、この報告書の作成にも別料金が発生するということを事前に説明しない調査会社もある。契約の面談の際では、報告書のサンプルを見せてもらうようにしよう。

調査の成功基準があいまい

調査を依頼して「成功報酬」を支払う契約となった場合、「成功」の具体的な条件とはどういうものを指すだろうか?万が一、調査が失敗したときは?

失敗した場合の具体的な例やそういう万が一の場合の対応(再調査や返金等)についても、説明を事前に行う調査会社を選ぶように。

調査に関する知識が未熟

調査に対して、どのように行っていくのかの説明が無い場合がある。この説明のある、無しでは大違い。

例えば、暗い場所での撮影や、尾行について、信用調査に関してもどのようにしているのか?などの、調査会社の知識やスキルを知っておくと優秀な調査会社を選びやすいだろう。

土地勘を持っていない

調査会社が調査を行う場所の土地勘を持っているかについては、しっかり調査が行えるかどうかに関わる必要不可欠なもの。

地元の調査会社なのに地名がわからない、なんと言う知名かも読めないというのでは、良い調査結果を期待できなくなる。また、依頼内容によって、様々な地域へ調査しなければならないような場合もあり、そのときには地元の調査員を追加で導入するといったこともある。依頼内容がそのようなものである場合には、全国に調査員を抱えているような調査会社を選ぶ必要がある。

調査のリスクを説明しない

信用調査をはじめ、それがどのような調査であっても、人間が行う以上はどうしてもリスクがつきもの。

尾行調査でばれてしまうというのはリスク以前の問題で論外だが、調査が全て上手く進むということはない。

信用調査なら信用調査なりのリスクがあるので、そのリスクを依頼者へきちんと説明がされるか否か、調査発覚の際の料金については?などに関する部分も選ぶポイントとなるだろう。