信用調査の相談や依頼を考えている企業や個人の方必見!

信用調査

ここ数年で、信用調査会社へ信用調査に関しての相談や依頼が急激に増えているようだ。

信用調査については、探偵社や調査会社の行っている数ある調査業務の一つであり、企業に対して、または個人に対して信用を確認する為に信用調査をするものだが、特に企業の信用調査に関する相談や依頼が多いようだ。積み重ねてきた実績や信頼がない場合、取引先の信用や情報が正しいものかどうかが一番重要なポイントとなっている。

企業の信用

この信用調査を行う必要性というのはどこにあり、どうして信用調査が行われるのだろうか?

企業に勤めていれば確かに取引先となる相手企業の情報はたくさん知っておいて損になることはないだろうが…この信用調査を行う意義、必要性を見てみよう。

まず、現代社会においては情報や信用というものが今現在で最も重要視されている。そのためには取引先とのトラブルを可能な限り抑えようとするために信用を調査するもの。

また、近年ではインターネットが発達したことよって、新規の取引先または既存の取引先などについての情報を迅速で確実に収集することが可能となった。インターネットで検索すれば取引先の企業の情報が公開されており、ある程度の基本的な情報はすぐに入手できる。

だが、自社にとって都合の悪いような情報も、わざわざ自社のWebサイトで堂々と公開している企業はほとんどといっていいほど存在していない。

そのため、Webサイトで公開されている情報についてもそれが事実に即しているものかということも問われることになり、公開していない情報の中にとてつもないほどの大変な問題のあるものが隠されていないのかということについて、本当の真実の情報を知らなければならない必要がある。

信用というのは何も企業間の取引だけの問題ではなく人と人との信用についてもとても重要なものであるし、企業間の取引でも人と人との取引だ。新規に事業を開拓する場合や契約の継続の場合などにおいて、この信用というものは相手企業を判断するための多大な影響を及ぼす重要な問題である為、経営者として信用調査の必要性は必要事項だと考えられる。

企業の信用調査

初めての取引先となる企業などは特にそうだが、あの会社は本当に信用できるほど大丈夫な会社なのか?会社の経済状況が気になるし、資産については?などの不安な点がいくつかでてくる。

たとえこの取引が小さなものだったとしても、取引の大きさに関係なく、相手の会社についての素性がわからなければこれからの取引がとても危険なものになってしまう。そのため、相手会社の経済状況をはじめ、財務状況などについての情報を把握するということはとても大切で大事なこととなる。可能な限り取引先とのトラブルは少なく、避けなければならないので、そのために信用調査をする。

信用調査の内容

信用調査会社への相談や依頼の種類や内容にはどんなものがあるのかを紹介しよう。

  • 社員の背任調査
  • 機密情報の持込み先の企業の調査
  • 取引先、債務者の資産状況などを始めとした信用調査
  • ニセモノ商品などの出回り調査
  • 雇用調査
  • 企業信用調査
  • モラルリスク調査
  • 保険金不正受給容疑人物の信用調査

信用調査の必要性

企業間の取引の場合や、取引を既に行っている場合でも、業績の悪化が原因となり連鎖倒産となってしまう事態に陥る可能性があり、それを防ぐ為にも相手会社の支払能力について事前に調査をする必要がある。

また、企業間の取引において、商品納入と代金回収には時間差が生じてしまうことがある。このことについても、相手会社の支払能力を事前に調査する必要がある。異常の理由などから信用調査を行うのは企業であれば必要なことだといえる。

相手会社のWebサイトなどの公式な情報を始め、信用調査機関などで懸念材料が無かったのに、突然「民事再生法申請」による取引停止を求められたり、取り込み詐欺や計画倒産、または偽装倒産などの悪質な被害を受けてしまわないためにも、取引、特に新規取引を始める前には、相手企業を知るために信用調査をする必要がある。

また、新規取引の場合ではなく、既に取引を行っている場合でも、相手会社の業績悪化から連鎖倒産してしまう可能性もあるので、信用調査は定期的に行っていき最新の情報を確認できるようにする必要がある。