信用調査の相談や依頼を考えている企業や個人の方必見!

情報保護とアフターフォロー

情報保護

近年では、様々な業種で社内の機密情報や顧客情報などの漏洩が世界で起きており、世界的な大問題になっている。

特に情報という商品を扱う調査会社では、依頼者となる個人情報を預かるため、情報保護に特に力を入れる必要がある。その情報をきちんと保護、管理ができる優秀な調査会社でなければ信用、安心することはできない。

基本的にはどこの調査会社でも情報保護には力を入れているものだが、その情報を具体的にどのように保護、管理をしているのか聞いておくことでも情報を保護するということに対する調査会社の意識、姿勢がわかり、優秀な調査会社かどうか判断できるのではないだろうか。

アフターフォロー

優秀な調査会社を選ぶときには「アフターフォロー」についても重要な判断材料なのだが、あまり重要視していない方が多いようだ。

調査が法律に関わっている場合には、調査結果を元して対応方法をどのようにしていくかなどの幅広いたくさんの情報を集める必要があり、調査をしただけで終了というわけではなく、調査が終了した後のアフターフォローまで行うということが重要であり、それができるのが優秀な調査会社だといえる。

例えば、離婚調査をして証拠の収集だけで終了するような調査会社より、調査結果を受けて、話がこじれずスムーズに離婚できる方法や、その際に依頼者が知っておくと裁判などで有利になるような情報までフォローしてくれるような調査会社の方が優秀であるといえる。

離婚や浮気などの案件は調査会社でも特に多く抱えているもので、離婚に関わる問題については調査会社の持っている豊富な知識が大いに活用されるもの。

弁護士や法律事務所などへ相談するのはやはりその道のプロフェッショナルなので高い安心感はあるのだが、相談するごとにその高額な料金が発生する。この料金にはなかなか安心できるものでもないだろう。もちろん、離婚調査などで調査会社を利用しても、最終的に離婚をするとなると弁護士の介入は必須となるが、その前の段階までは調査会社の無料のアフターフォローを利用するのが賢い利用法だといえる。

最後に

信用調査などを始め、調査の依頼をする上では「依頼者が安心できる調査」というのが重要になる。紹介してきた事柄を踏まえて、「依頼者が安心できる調査」を提供できる調査会社を選ぶことになるが、優秀な調査会社を選ぶ上でもうひとつ大切なこととして、「大手企業の調査会社」であるということとしている方が多いようだ。

確かに大手企業であれば基準もわかりやすく選びやすくなることと思うが、大手企業の調査会社だと大手企業であるが故に弱点となってしまうことも存在する。大手であるが故に小回りがきかなくて、依頼内容の急な変更や追加などに対応ができなかったりする。

選び方のまとめ

・複数の調査会社へ相談し、見積もりを出してもらう

まずは大まかな金額で見積もりを出してもらう。もし渋るような調査会社であれば選ぶリストから除外していこう。

・調査能力に関しての質問をする

調査能力がどの程度あるのか納得いくまで質問をしてみる。その対応で調査会社の誠実さなどが判断できるだろう。面倒臭そうだったりいい加減な態度をとるような調査会社の場合は選ばないのが望ましい。

・契約や金額に関する質問をする

特に追加料金が発生するかどうか、キャンセルが可能かに関しては聞いておく必要がある。

・依頼者自信の判断

やはり最終的に判断するのは依頼者自信となる。これは調査会社を選ぶときだけじゃなくいろいろなことにいえることだ。自分が十分に納得のいく調査会社を選んで優秀な調査会社にめぐり合えることを祈っています。

おすすめWEBサイト 5選

全身脱毛を静岡で準備する

最終更新日:2017/7/12